人気ブログランキング |

<   2015年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ひょっとしてひょっとすると、新しい相棒ができたかもしれません。
(断定できないところにこれまで涙した数々の出来事が窺える・・・笑)
f0299739_18452778.jpg

現在マーシャルに派遣されている学校隊員から派遣形態が少し変化しています。
一校にひとりずつの配属から、数校をまたにかける巡回型へ。
この形態をとることで、隊員数が年々減りつつある中でも、環礁全体にJICAが関わることができ、限られた区域だけでなく、全体をフォローしていくことができます。

そして、その活動形態の中で推し進めたい取り組みがこれ、Math book。
マーシャル語表記の准教科書のイメージ。(本来の教科書がとっても問題ありなので、いずれはこちらを使っていくようにする!・・・予定)
教育省が定めているカリキュラムとの連携や、現地教員が果たして使えるのかという懸念など、いろいろ考えなくてはならないことはありますが、活動を始めてからこれまで、マーシャル教育の現状と向き合う中で、困ったりつまづいたことへの改善策を集約すると、この一冊の本になるというわけです。

えらそうなことを言っておりますが、作成しているのは算数専門の学校隊員。
レイアウトや項目などは他の隊員ともどもアイデアもたまーに浮かぶのですが、算数的な内容の部分はなかなか・・・。やっぱ専門って強いな~と思いながら、Math bookを使って私も勉強する日々です。情けない。

マーシャルのことを、マーシャル目線で考えて、みんなで協力してよいものを広めていく。
フルマラソンくらいしかないマジュロの土地柄が生かされた活動ができていると思います。狭いからこそ、みんなの知恵を合わせて何かを作ることができる。
日本人ひとりで奮闘する必要なんてどこにもなくて、みんながチームになって、よりよいものを模索していくことはとても価値あることだと思います。もちろん日本人だけでなく、マーシャル人もチームメイトです。
f0299739_18425214.jpg

試作ができたら現場で試しながら改善です。
Math bookのよさに気づいて協力してくれる柔軟な現地教員を探すのにまた一苦労。
でも最近、あたらしい仲間ができたかもしれません。(冒頭のとおり)

これからは、残された任期を使って、マーシャル人の仲間や理解者をもっとマジュロ中に増やしていきたいと思います。Math bookをもっと手にとってもらって、意見を出し合って、今後のマーシャルにきっと残るように。
私が一番得意なことを、最近見つけたような気がするので、そこを生かしていければと思います。
by cpts-romi | 2015-02-26 22:16 | 活動
f0299739_19272016.jpg
マーシャルの食事にかかせないものといえばこれ、バオ(鶏)。
割りとお店なども多く並ぶダウンタウンでも、あちらこちらで自由に歩いている姿を見かけます。

マーシャルご飯のメインでマーシャルで採れるものといえば、このバオか、ツナ。あとはスパムやソーセージ、コンビーフ缶などの輸入品に頼っています。
お祝い事の時など、ちょっと贅沢なご飯の時は、大きな豚を丸焼きにしたりもします。

何気ないいつもの帰り道で、バオをわきに抱えて歩く少年達に遭遇。我が校の子どもたち。
家まで運ぶんだぜ!と言って意気揚々と去っていきました。平和だな~。
f0299739_19344142.jpg

by cpts-romi | 2015-02-22 22:43 | たべもの
写真は、Ejitというマジュロ環礁内の離れ小島にある小学校の制服。
ここの住人はビキニ環礁からきているのですが、何ともそのまんまなドギツイデザインですね。
f0299739_18552713.jpg


マーシャルの小学校のクリスマス・年末年始休暇は、想像より長くなく、
休暇始まりこそクリスマス前からですが、休暇終わりは日本の仕事初めとほとんど変わりません。
学校以外の公共機関や商店なんかは1月1日のみのお休みのようです。
その代わりクリスマスはおやすみになります。新年よりもクリスマスのほうが大切にされているのは、キリスト教が浸透しているから。

そんな短い休暇後に始まった3学期。1月はばたばたと過ぎ、気づけば2月も中盤。学校で仕事をするのは、今年度の残り3か月少しと、帰国直前の新年度の1か月のみ。
気づけば終盤戦も佳境にきているのに、未だに落ち着かない日々の活動や、みえてこない成果に焦りを覚える毎日です・・・。
ま、そんなに簡単なら20年も支援続かないよね、と気楽にとらえて、今まで通りのんびりやっていきます。

さて、2月はじめにあげる予定だった、恒例の3か月レポートを、遅ればせながら作成しました。
活動をおこなっていると、自分がやっていることの意味や位置がわからなくなる時が多く訪れます。軸のある筋の通った活動を遂行するためにも、この定期的な振り返りと課題を見出す機会はおざなりにしてはいけないと実感しています。

前置きが長くなりましたが、肝心な報告は追記にたたみます。

More
by cpts-romi | 2015-02-10 22:09 | 活動
←menuへ