人気ブログランキング |

<   2013年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

すみません、愚痴っぽくなります。

f0299739_15105010.jpg




カルチャーショックがなかなか収まりません。

暮らしていく上でのショックは和らぎ、こちらの生活スタイルにすごく慣れてきた気がします。
こっちの人たちにもまあいろんな人がいますが、
基本的にとても親切で、自分の持っているものは分けてくれようとするし、わたしがわからないことは何でも教えてくれます。尋ねるとどうにかしようとしてくれる。

そんな人たちと話したり笑ったりゆったり過ごしているのは、今とっても好きな時間です。


しかしながら、働き始めて3週間が過ぎ、学校のスタイルも掴めてきましたが、
「働く」ということに関してのカルチャーショックがなかなか収まりがつきません。

学校に行くと、たまに、わたしだけが動いているような錯覚を覚えます。
誰かと話していても、いっしょにいても、なぜかいつもひとりだけ余所者のような、ひとりでいるような感覚。

働くことに対しての価値観はもちろんのこと、
時間、約束、食事、そして子どもに対する価値観も、まったく異なるところで、
毎日全然仕事にならない日々です。
わかってはいたことだけど、実際に目の当たりにすると飲み込むのがすごくむずかしい。

特に学校という機関は、目の前に子どもという対象がいるから余計に苦しみが増す。
この子たちには学ぶ権利があるし、そのための場所も時間も、そして子どもたちの意欲もこんなにあるのに、それを繋ぐ部分がうまく機能していない。すごく悔しい。

知りたいことも知らないまま、大人になって、
やりたいこともやらないまま、年老いていくこの子たちを想像すると、本当にかなしくなります。

今のわたしのように他国から支援が入る場合、
対象となる国の価値観を理解して、それに順応しながら活動していくことが何よりも大切だと思う一方。

学校という場所はある意味すこし例外で、
国の価値観を優先するとかどうこうの前に、何よりも子どもを中心に考えるべきという大前提があるのだと思います。

いやいやはたらいている姿は子どもにわかります。
やくそくをやぶる姿をみて子どもはまねをします。
ざつな字を子どもはしんじます。
あいしているかどうか、子どもにはつたわります。

それでも子どもは先生をしんじるし、すきでいるというのが、またむずかしいところ。

毎日へこたれて、夜寝る前や朝起きる時には職場に行きたくないと思いますが、
子どもたちがいるからがんばれています。
楽しそうに学ぶ彼らの時間を守りたくてがんばれています。

子どもがいるから苦しいし、子どもがいるからがんばろうと思う。
こんなに誰かに影響されているのはうまれて初めてかもしれません。
あの子たちの学んでいる楽しそうな顔に会える授業中がいちばん疲れを知りません。

学校は学ぶ場所であるべき。子どもにとっての場所であるべき。
今はせめてわたしの時間だけでも。
わたしが帰るまでに、この子たちに何ができるのかな。
by cpts-romi | 2013-11-25 18:45 | つぶやき
毎晩に及ぶネズミとの死闘。
21時ごろが一番活発な時間帯で、毎晩大声で叫んでしまい、ご近所の目を気にしていました。(お迎えの大家さん家には赤ちゃんが3人いる。)

そんな日々で、どうにかナチュラルな方法でこいつらを追い出せないか・・と考えた挙句行き着いたのは、猫を飼うということ!超シンプル!

ということで、日曜日の今日は猫探しの旅に出かけました。
近くのミニストアの人に尋ねると、うちにいるのを持っていっていいよとのことだったので、譲ってもらってきました。

この人たちはいつもとっても親切にしてくれる、本当に優しい人たちで、
「バナナとライムを買いたい」と言ったところ、売り物としてはなかったようで、自分たちの分を分けてくれました。
今日はバナナとライムと猫をおみやげに渡された感じ。1セントも払わずに帰ってきてしまった。

f0299739_18182723.jpg

手のひらサイズの子猫♂。かわいい。名前は未だない。

ペットを飼うのは初めてなので、いろいろわからないことだらけ。
さっきも変なとこにおトイレをされてしまいました・・・。しつけなければ。
それ以外は、作ったベッドでずーーーっと寝てるので、まあよしとします。
猫を飼うことについて、詳しい方アドバイスください。。

そして、今こちらは午後9時半をまわったところですが、なんとネズミがまったく出ません。
音すらもしません。

この子、ひたすら寝てるだけだけど、効果絶大かもしれない。
これからの1人と1匹暮らし、楽しくしていきたいなーと思います^^


追記
この記事について。
お断りをしておきますが、マーシャルの隊員はJICAからはペット禁止と言われています。お家の中でしっかり飼うのはNG。
私の場合、大家さんと共同の庭のようなところに適当に放し飼いをしています。
ネズミを寄せ付けたくないため、家の傍にいてもらっていますが、基本的にはここ君は野良で生きています。
誤解のないように付け加えておきます。よろしくお願いします。
by cpts-romi | 2013-11-17 21:36 | 暮らし
赴任して早半月。
やっと生活のリズムが掴めてきて、こっちの感じにも慣れてきました。

赴任して早々出張が相次いで、なかなか学校にいられずにもどかしかったとき、
「なんで学校にいないの」、と強く言われることもあったけど。
ちゃんと説明して、伝えれば、「あ、そうなの」とわかってくれる。
そんな当たり前のことも、言葉の壁があるおかげですごく新鮮に感じます。

出張では環礁内の学校をいくつかまわって、いろんな教室の様子を観察することができました。
そこで感じたことや考えたこと、いろんな人と話す中で発見したことを含めて、
この国の状況、抱えていることを、だんだん理解してきました。

ある程度は事前に調べていたけれど、こっちの生活の中でのいろんな出来事が繋がることで、
今わたしがいる場所が途上国であるということを身をもって感じています。

それが一公立学校で働くわたしにどうにかできる問題ではないことも、すごく実感しています。
途上国は、世界との関係の中で途上国として存在していて、ずっと発展途上のままであることが多いこと。
そういったことについて、途上国の内側に住んで実感することが多く、とても興味深いです。

具体的な例を添えて、またあらためて書こう。

そういった問題に対して、間接的にアプローチできるような、筋の通った活動をしていきたい。
わたしなりの目的がだんだんと出来上がりつつあります。
それと同時に、日々の発見とわくわくが増えていきます。

また、2年後の自分についても、早くも考えるようになりました。
大学卒業してからこれまでの期間で経験したことは、今までの自分の浅い考えをいろいろと補ったり、覆したり、してくれます。
まだわからないけれど、選択肢が少しふるいにかけられた感じ。


さて、明日から本格的に授業に関わっていけるようになりました。
時間をフルに使って総計6クラスに入らせてもらうことに!
特に5年生に力を入れたいなと、今は考えています。諸先生方、アドバイスあったらくださいね。。

その5年部担任はわたしより若いこの2人組。彼らがまた、THE マーシャル人なんだよなあ~、
まあふざけながらも、仲良くしてくれる素敵な同僚です。
いっしょにがんばっていくぞー^^
f0299739_20595478.jpg

by cpts-romi | 2013-11-15 00:07 | 学校
f0299739_1717592.jpg

最近はうれしかったことがいくつかあったので記録。
写真はマーシャルのミルキーブルーな海。内容とはあまり関係ありませんがキレイなのでのっけました。笑

うちには洗濯機がないので洗濯物は手洗いです。

前任の話によると、1週間分の洗濯物を持ってドミトリー(隊員の連絡所みたいなところ)で洗濯をしていたそうですが、わたしは汗の量も人並以上なので、洗濯機がほしいなと思っていました。
大家さんに何度か尋ねてみましたが、買ってくれる気配もなく。大家さん家には洗濯機があるけれど、使っていいよという感じもなかったので、諦めて手洗いをしていたこの頃。

やりだすと結構楽しい手洗い。
先日久しぶりに晴れたので、洗濯をして干して出かけると雨が降りました。激しいスコール。

がっかりしたけれど、どうせ雨水で洗っているからいいかと思いしばらく雨宿りをして家に帰ると干していた洗濯物がなくなってる!
なんと、大家さんが洗濯物を自分の屋内の物干しに干し直してくれていました。

洗濯機の他にも大家さんにはいろいろ放置されている問題もあり、住人にあまり干渉しない人なんだな~という印象だったために、このことには心底驚き、うれしい気持ちになりました。
ありがとうと何度言っても足りないくらいうれしかった。

そして先程、大家さんの家に自分の洗濯物を取りに行ったとき、
本当にありがとうねと何度も言いながら受け取ると、パパさんが「うちの洗濯機をいつでも使いなさい」と。
びっくりして、「いや、いいよ、手洗いするよ。」と遠慮すると、
「いつでも来なさい。」「じゃあたまにお願いします。」「いつでも!」
みたいな感じで、なぜかとても親切な言葉をもらいました。

大家さんには当たり外れがある、とか、中にはほとんど放置して何も買ってくれず直してくれないオーナーもいる、とか、いろんな人に言われて、私はハズレちゃったのかなと思っていたけれど、

上記のように、うちの大家さんから、突然?徐々に?親切さを感じてきています。

なぜ今?と思って考えてみたところ、
ここ最近の私はよくへらっと笑っていることが多いという自己分析に至りました。

学校でも家のまわりでも近所のミニストアでも道端でも、会う人会う人にへらっと笑いかけて、言葉がわからなくてもとりあえず話しかけてみる。
何言ってるかわからなかったら、聞き返しながら相槌を激しく打ち、時折声に出して笑う。

こっちでの仕事や生活に悩んでいた今週、
何もわからなくて不安が多いなら、ここの人たちと仲良くなることから始めよう!という誰でも行き着く当たり前の結論にやっとたどり着いて、外に出るようにして、人に話しかけ、笑うようになりました。

そうすると、困っていたことが少しずつ解決されていっている感じがします。

大家さんにも毎日笑って挨拶することで、徐々に打ち解けられているのかもしれません。
同僚の先生たちとも、何をするでもなく、話しながら驚いたり笑ったりすることで、徐々に仲良くなってきていて、
少しずつ冗談も言えるようになってきたし、リクエストもできるようになってきて、欲しかった鍵やロッカーを「これ貸して!へらっ」とゲットすることができました。
近所の人とも、毎日世間話を笑いながらちょこっとすることで、今はむこうから手を振ってくれたり、話しかけたりしてくれます。

常に自分から攻めていかないと相手には響かないことを毎日痛感しています。
かと言って、激しく捲くし立てていくのではなく、笑顔でやわらかい関係を作っていくことで、相手の内側へうまーく溶け込んでいきたいと思います。よし。
by cpts-romi | 2013-11-09 20:24 | 暮らし
f0299739_1984896.jpg

ここ教室。先生の子ども、行くとこなくて毎日連れてきてるらしい。ちゃんと静かにしてます。
今日いち癒されました。



このブログは、そのほとんどがわたしの個人的見解を含んだものになりますが、
ときたま(いや、けっこうな頻度かも知れない…)プライベートなつぶやきオンリーな投稿もあったりします。
今回がそれ。
カテゴリは「わたし」にいれます。不必要な方(マーシャルに関する情報がほしい方など)は、とばし読み推奨です。



配属先に赴任して一週間がすぎ、徐々に学校の様子がつかめてきた最近。

学校全体があまりに崩壊していて、職員間の雰囲気も悪く、わたしの居場所はない割りに、求められることが多くて(というか丸投げで)、なんか嫌になっちゃって、放課後になると早々に家に帰って寝て過ごしたりする憂鬱な日を過ごしました。
(前任さんがしっかりとまとめてくれていた教室は別。ほんとにすごい。わたしの必要性を感じないくらい良い授業をする先生もいます。あっぱれ前任。)

目につく問題をとりあえず紙に書き出したけれど、きりがなくて、
何から手をつけていいかもわからず、放置して、こっちで過ごす初めての日曜日は一日中ひきこもってたりもしました。

また、マーシャル語はおろか、英語ですら、自分の複雑な気持ちを表現するにはなかなか力不足で、
微妙なニュアンスが伝わらず、理不尽に怒られたりもしました。誤解を招いてることもあったもしれないなー。

こっちは子どもだけでなく、先生たちすらも、私が外国人だろうがなんだろうが、こっちの言葉をがんがん使ってきます。
えっと・・・っていう顔をすると、やっぱりちょっと怪訝な顔をされる。
習い始めてまだ数週間なんですけど!と心では思うんだけど、そんな言い訳だよなーとも思う。ここで働くためにきたんだから、言葉がわからないからできません、なんて通用しないですね。

今までのホームステイなどでは、マーシャル人のあたたくて優しい親切な面にばかり触れていたので、そのイメージとのギャップと、いわゆる途上国と呼ばれる国の人たちといっしょに働くっていうことについて、その意味を痛感した気がします。

そんなこんなで鬱々としていたここ数日。
今日はマーシャルの小学校教育隊員が教育省と連携して進めているテストを実施するために、お隣(といっても車でとろとろ30分くらい)のウォジャ小学校へ出張でした。

ウォジャの様子や、先輩隊員さんの活動の様子をみせてもらったり、話をしたりする中で、自分の学校を外から考える視点に気づくことができました。

ローラを一歩外に出て、客観的に学校のことをみたり、
他の小学校と比べてみたり、
同じように活動している他隊員の体験談をきいたり、したことで、

この活動はひとりで学校にこもってやり遂げられるものじゃないなとあらためて認識。
特に、迷ったときや、困ったとき、悩んだときは、いろんな人と、いろんな角度から、考えてみることがいちばん効率的で楽な道なのかもしれないなーと。

それから、悶々としていた問いにもわずかですが光が見えて、わたしが明日から何をすべきか、何をしたいか、少しずつ形が見え始めました。

ウォジャの子もすごくすごくかわいくて素直で、ローラはなんであぁなんだろうかとか思ったけど、
出張から帰ってきて、外で遊んでいるローラの子にたくさん会って、一週間なのにすでに愛着があるのか結局とてもかわいくて、
鬱々していたときに読んだ教育実習のときの日記をふと思い出し、泣きそうになったりもしました。笑

私が思い出したのは、
「知らないことを子どもといっしょに悩み考えていく、教師にはそんな愛が必要だ」
という私の実習時の恩師の言葉。

目の前のこの子たちが知らないこと、わからないことを、これから2年いっしょに悩んで考えていくルカキになりたいと気持ちを新たにすることができました。
そして、新しいことを知ったときや、思考回路が繋がったときの、あのピーンときた顔を、ここで見たいと思いました。学ぶことの楽しさを知ってほしいし、大切さを感じてほしい。
やっぱり、教育に携わるって本当に大切で、素敵なことだ。

そして、そんな愛のある、愛を感じられる楽しい学校を作っていきたいと思ったので、
そののちには、子どもだけでなく、先生たちや運営にもうまくアプローチしていけたらいいなと思いました。
そこを目標に、今は身近なところからちょっとずつ進んでいきたいと思います。



ここ最近は、こちらは雨季らしく、雨ばかり降っていました。
こっちの雨は強烈なスコールなので、降り出すと外に出たくなくなります。それもあって、ひきこもり気味だったのですが。
今日は久しぶりの晴天で、忘れかけていたあの日差しを痛いくらいに感じました!

だから気持ちも少し晴れたのかも、と思うと、なんて単純なんだと思いますが。笑
シンプルにトライしていきたいと思います~^^
明日から楽しく笑っていくぞ~^^
by cpts-romi | 2013-11-06 22:17 | つぶやき
f0299739_1011897.jpg

10/31はハロウィン。
写真は「ルカキ(先生)、ルカキ!仮装したよ!見て!」といって、ドーナツのアイシングで顔に落書きした子どもたち。可愛いけれど、その後顔面をハエにたかられていました。笑

マーシャルはキリスト教の国なので、ハロウィンも盛大にお祝いするようです。
わたしの住んでいる付近は、子どものノックもなく、割と静かでした。音楽は夜中まで続いていたみたいだけど。

今回は虫の話。
マーシャル自体、さすが南国であるので、虫やヤモリ、ネズミなどがいっぱいいっぱいいます。
わたしの住む辺りは田舎なので特に頻出で、虫といっしょに暮らしているなーという感覚。

わたしは今のところ、虫に遭遇したら全員殺すようにしていますが、(今日もすでに10匹以上・・・、あーめん)
そのうち慣れてきたら、あまり殺すこともなく一緒に暮らしていける日がくるのだろうか、と最近では考えたりしています。

今のわたしは、かゆいとか、気持ち悪いとか、そんな理由で殺しています。
でも実は虫のほうが先にこの家に住んでいたわけで、わたしは新参者なんだよなーと考えると。
ゴキキャップとかアリの巣コロリとか使っていない、マーシャル人の暮らし方のほうが正しいのかもしれないと思ったりもします。
でも、結局たまらなくなって殺している毎日です。

マーシャル人のみんなと話しながら、ココとワタシに合った暮らし方を見つけていこうと思います。

そんなことを考えながら、現在も進行形で虫と闘っています。
こないだ買った激安フラワーが虫まみれで、ちょっとずつ除去しているのですが、キリがなくぼんやりしている日曜の昼下がり。食べちゃっても大丈夫かなー。

f0299739_10145618.jpg

虫だらけの住まいで、なんとかテンションを上げようともがいて柄だらけになっているうちのキッチンと、除去中のフラワーです。
by cpts-romi | 2013-11-03 13:43 | 暮らし
←menuへ