人気ブログランキング |

<   2013年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

f0299739_15393771.jpg

初出勤を終えました。
担当するかもしれないクラスを全部(ele 1~6)を見てまわった。
写真は2年生。教室暑すぎるから午後は青空教室だって言ってた。外も十分暑いよ。。

問題も多々あり、いろいろと思うところもあるのでノートに記録する。
何から手をつけたらいいか混乱したので、とりあえず落ち着いて、紙に書き出して整理することにした。
授業どころじゃないぞー、こりゃ。

今日はぐるっとチャンポ(散歩)もしたので、くったり。
コーン缶食べたいのにオープナーがないよ。。Oh..
by cpts-romi | 2013-10-31 19:00 | 学校
今日任地へ引越し完了して、新しいお家から更新しています。
契約したWIFIがすでに使えるので、(こんなに速く工事完了することは奇跡的らしい)
これからもネットを通じて、いろんな繋がりをたもつことができそうです^^

引っ越したお家のことと、きて早々すごくうれしいことがあったので書きます。
長くなる予定・・・。

お家は2LDKで、ガランとしていて広い。
ワイン色の大きなソファセットとダブルベッド(こっちではこのサイズは通常)、
外装や水回りの色づかいが結構可愛い。しかも水道水は雨水!やった!
そして今日は雨が降ったからか結構涼しく、窓も開けず扇風機なしで快適です。クーラーはあるけどつけないって大家さんが言ってた。

f0299739_1882518.jpg


でもやっぱり虫がめちゃくちゃ多い。
蚊も大量。今も家の中にいろんな虫が大集合してて、さっき蚊相手に一勝しました。
初っ端からシマシマ柄のGも出た。その奇妙さゆえにしばらく見つめ合ってしまった。

そして、わたしは引越し自体をなめていたなと感じることとなりました。

まず、シーツがない。枕も布団もない。鍋もない(当たり前か)。トイレさえも壊れてる。
まわりは虫ばっかで、必要なものが何もなかった。ご飯も食べれないし、ベッドも使えない。

あまりに途方に暮れて、一通り掃除をした後、家にいたくなくてとぼとぼと散歩に出ました。
まわりに知り合いもまったくおらず、日も暮れてきて、犬にも吼えられて。泣きべそかきながら歩く。
犬に噛まれそうになったときは、通りすがりの人が助けてくれた。

研修でお世話になった先生の家が歩いてしばらくいったところにあったことを思い出して、薄闇の中をひたすら歩く。
誰でもいいから、わたしのことを知っている人に会いたいと思いました。

先生の家の犬にさえ吼えられながら、なんとかたどり着くことができました。
「Oh,Romy!」とやさしく迎えてくれた瞬間、安心して泣きそうになって、ひもじそうな私を見てすぐに用意してくれたご飯を食べながら完全に泣きました。

ご飯を食べながら、家の状況を笑い話としてすると、なにやらごそごそと。
なんと、シーツとブランケット、それからピローをプレゼントしてくれました。また泣いたわたし。エンマンエンマンと連呼する先生と奥さん。

帰り道も危ないからと、車で送ってくれました。
今度からくるときは、必ず大きなトーチを持って、できれば明るいうちにくるように、と言われました。
その後、先生と奥さんはベッドメイクまで手伝ってくれ、先程帰っていきました。

たった10日程の付き合いで、どうしてここまで親切にできるんだろう。

先生の家は本当に狭い。家族の人数を考えても、一人当たりのスペースがほんとうに狭くて、壁や床も脆い。
私のこの家をみて、きっと、日本人はこんな小娘でもこんなに広くていい家に住むことができるんだと思ったに違いないのに、
「素敵な家だね、エンマンエンマン。またいつでもおいで。」と言いながら笑って、さらっと帰っていった。

どんなに家が広くても、キレイに着飾っていても、お金に余裕があっても、しょうがない世界なんだとあらためて思い知らされました。
人間として生きていくには、そんなものよりももっともっと必要なものがある。
先生たちは、ほんとに人間らしく、素敵な笑顔で接してくれます。

汚いものや、不便なもの、虫全般が苦手なわたしだったけど、
そういったものを乗り越えながら、気づきを大切にして、先生にたくさん恩返しをしていきたいなと思った次第です。
人のことを考えて、思える人になろう。

そして、わたしにできることは、やっぱり教育に関することだと思うから、明日からの活動を精一杯することがいちばん大切なのかなーと。
ここの人たちが、もっともっと暮らしやすくなるために、子どもを中心にアプローチかけていきます!
すべては明日!がんばろーう!

f0299739_18274811.jpg

by cpts-romi | 2013-10-30 21:30 | 暮らし
f0299739_165728.jpg

ほとんどマーシャル語で話した、わたしのグジグのママ。偉大。

明日はいよいよ、ようやく、やっと!引越し。どきどき。
わたしがこれから生活するローラという村は、首都の郊外にあるのんびりとした村です。

語学研修で10日ほどホームステイしたけど、なんともいいところ。
都市部より蚊もハエも蟻も、他の何かもとっても多く、ちっちゃなミニストア(駄菓子屋みたいなお店)しかない。
日本人はとわたしを含めて2人しかいない。
グジグと比べるとまだ首都という感じだけど、それでも都市部より格段に現地語がたくさん聞こえる。

わたしは小学校で子ども相手にはたらくので、現地語であるマーシャル語を使う必要があります。
(おとなを相手にする職場や他の国の職員もいる職場は英語が主流なので、現地語を使わないボランティアもたくさんいます。)
語学研修中、英語すらままならないわたしは焦って泣いてしまったりもしたけど。笑

3週間の研修を終えて、少しずつ自分の伝えたいことを言葉にできるようになってきた。
特にグジグではマーシャル語にどっぷりだったので、耳が少し慣れて、すこーし、ほんの少しだけど、聞きとれるようになってきた。

そして気づいたのが、マーシャル語で何かを伝えようとしているときがとっても楽しいということ。
自分が持ってるだけのボキャブラリーで、なんとか繋ぎ合わせて、伝えたいことをつくっていくこと、とってもおもしろい!
相手に伝わって、相手が何かを返して、その意味を受け取れたら、もう、最高に楽しいです。

日本語を話しているとき。
こんな適当な性格な私でさえ、相手の顔色をみたり、場の流れを汲んで言葉を選び、言いたいことを引っ込めたりしている。
うまく操れるからこそ、出せないで消えていく言葉はたくさんあるし、嘘をつくときもある。

英語を話しているとき。
変に格好つけようとしてしまう。特に英語の得意な人と話すとき、ためらって一言めがすっと出てこない。
中途半端にかじっているせいで、言い回しや自然さにこだわってしまう。それが逆に不自然になる。

まだ最低限しか知らないマーシャル語では、
少ないボキャブラリーの中から、繋いで繋いで、必死になって伝えようとしている。
相手の顔をみたり、かっこつけたりしないで、言いたいことを言いたいだけ、単純な言葉で発している。
伝わらないときは身振り、手振り、表情、わたしにあるものを全部使って話す。

実はその方が、よりありのままで、そのまんまのわたしで会話できているんだなあと最近思います。
相手のこともよく見ているし、相手もよく見てくれる。
単純な言葉しか使っていないのに、しっかり会話をしている感じがする!

言葉って、量ももちろんそれなりに必要だけど、その使い方、伝え方がいちばん大切なんだなー。
コミュニケーションの基本、ここにきて初めて知りました。

とにかく今はマーシャル語に夢中だけど、
日本語、英語ともに毛嫌いせず上手に使って、(とくに英語・・がんばらねば。)
これからの暮らしの中で、言葉との付き合い方や、人とのコミュニケーションについて考えていきたいなーと思いました^^


わたしレベルの単語を、発音から教えてくれたローラのRowa。この子ほんとうに可愛いんだ。色男なんだ。
f0299739_1713041.jpg

by cpts-romi | 2013-10-29 20:10 | 暮らし
10月はじめにこっちについてから先週まで、
大使館や関連する各所に挨拶に行ったり、
首都の郊外や離島での語学訓練などがあり、ばたばたっと過ごしていました。

あわただしかったこともあって、いろいろと考えたことはあったのにまったく記録していない私。はあ。
そんな中でも、もっとも心に残っているクワジェリン島のグジグ(GueGeeGue)という村のお話。

グジグは20集落くらいしかないちっちゃなちっちゃな村。
しかもそのほとんどが赤ちゃんから中学生くらいまでの子ども。
学校が終わると村のド真ん中で、ご飯の時間までたっくさんの子どもたちが遊んでいます。(大人も)
道を通せんぼするようにバレーコートを張って、たまに通る車が下をくぐるという状況です。

ここでびっくりしたのは子どもたちの人懐っこさと、笑顔。
いわゆる途上国にてありがちな、ありきたりなコメントなんですが、これが本当にすごいなーと思う。

f0299739_2043681.jpg


それからもうひとつ驚いたのはウクレレと歌の上手さ。
ここの人たちは歌うのが大好きなようで、毎日まいにち素敵な歌をみんなで歌っていました。
すごくきれいにハモります。
日曜日のミサで歌うために大人たちも毎晩練習したりもしています。

f0299739_19594638.jpg

カメラ向けたら興奮して動きまくってぶれています。笑

すてきなところがたくさん。
グジグについてはいろいろ書きたいので、またあらためよう^^
by cpts-romi | 2013-10-28 23:08 | 暮らし
やっと!やーっと!
ブログ開設するに至りました。長かった。

面倒くさがりの上に凝り性という、本当にどうしようもない性格のおかげで、こっちにきて4週間目にしてやっと記録・共有ツールを手に入れました。

私はこの10月から、太平洋の真ん中、ハワイとグアムのちょうど中間くらいに位置するマーシャル諸島共和国の首都マジュロ環礁で暮らしています。
これから2年間、ダウンタウンから少し離れたローラというエリアの小学校で、算数科の指導をおこなう予定です。

まだまだこちらのことも、実は小学校での指導についても未知なことだらけな若輩者ですが、
要請されたことももちろん、それ以外にもいろんなことを学校の子どもたちや地域のみんなと、考え動いていきたいです。目論んでいることはもりもり。

そして、わたし自身、個人的な野望としては、
日本以外の人間社会、コミュニティの形成、人間としての生き方など、私の趣向についての考察も深めていきたいなーと思っています。

いつからか、「人間」について、その地理的な環境や歴史的な背景、社会構造などを様々な角度から捉え、考えるのが本当におもしろく、一種の趣味のようになりました。
知識も本当に浅いですが、ここマーシャルでもきっといろんなことを感じ、考えていくのだと思います。
わたしのことについて、詳しいことはまた次回にします。

このブログはこれを読んでくれている人と、いろんなことを共有したくて作りました。
わたしは、ここで感じたことや考えたことを、自分の感覚で記録する予定です。
それを読み手のみなさんと共有し、お互いに新しい発見や理解の深化ができるとうれしいです。

わたしの書いたものや撮った写真をみて、思ったことや感じたことがありましたら、ぜひともコメント欄にご記入ください^^
一言でも、何でも、わたしの考える材料になります。すごく大切に受け取ります。
そして大切に返します。「共有」ってそういうものなのだと思います。

長々と脈絡もなく書きましたが、そんな感じでのらりくらりとやっていきまーす。
こちらは日曜の昼下がり。
少し遅いですが、お昼ごはん食べてきまーす^^

ひろみ Romy

f0299739_10384283.jpg

by cpts-romi | 2013-10-27 13:30
←menuへ