こまった(愚痴が八割です)

また内容がぐちぐちしてるので、かわいいグジグの子どもたちの写真を最初にどーん!

f0299739_9342921.jpg

f0299739_9404455.jpg







現在、こちらにきて最大に困っている。
あ~、これが山だ、壁だ、と思うのは今回が3回目くらいだが、その中でも最大。
でもひょっとするとこれからも、あ~これが最大と思うことがあるのかもしれない、と思うと実に恐怖。笑

さて現在は、いろんなことが八方塞になってきている。
いろいろと計画していることが、すべて同じ類の帰結をもって壁にぶち当たる。
その根本の原因、諸悪の根源は、私のような、権力のない、ただのボランティアにはなかなか乗り越えがたく、迂闊に話を進めては我が身が危うくなる、そんな状況。

ほ~~~~~~~、
むずかしい~~~~~~~~。かえりた~~~~~~~~~い。

もう1つ、困りの原因は、
わたしがこの学校を愛せない!ということ。
この半年間、職場の人たちとは結構話してきた(主に聞いてきた)と思うけど、かなしいことに全然好きになれない。いっしょに働きたいと思えない。ほんとにかなしい。

好きでもない場所で、好きでもない人のために、ボランティアとして働く=無償で働くとか、意味不明。
ボランティアって、好きだとか愛だとか、ここで何かしたいとかって思う気持ちで成り立ってると思うんだよね。だからできると思うんだよね。

私自身にも問題があるんだと思う。というか、それがほとんどだとは自覚している。
しかし、それを言い出すときりはなくて、「自分を変えなきゃ、自分の考え方を改めなきゃ」ってやってきたけど、そういう風に動いていると、「あれ、わたしってそもそも何だったっけ」と自己消失みたいな感覚に陥る。

上司には、たくさん小言を言われるし(マーシャル語なので完璧にはわからないが、なんとなくわかる)、無視だってされる。
わたしが算数以外のいろんなことに口を挟むのが、耳障りなのかもしれない。

こっちの人たちに気に入られる方法。
なんとなく算数を教えながら、てきとーに毎日時間を過ごして、それなりに成績を上げて、こっちの先生とも適当な距離感で、いつもニコニコして。あまり革新的なことをせずに。

き~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!
今やってるけど、ちょう無駄なことをしてる気分。しかも地味に疲れるし。

自分を消しても、気に入ってもらおう、いいボランティアであろうとするのは、職場の協力が必要だから。
でも正直、今の学校はどうでもいい!職員全員に気に入ってもらったとして、協力を得られる可能性は低い。(これまでの観察の結果から)
じゃあなんでここで、こんなに困り続けなきゃいけないのか・・・。意味のある「壁」なのか?





*****


だから、いっしょに働きたい人を見つけることにした。
事務所にも相談済み。
わたしは、いっしょに働きたい人と、いっしょに働きます!
by cpts-romi | 2014-04-09 12:42 | つぶやき
←menuへ