プランティプランティピナーナ

マーシャルは土のある「島」ではなく、珊瑚の「環礁」の集まった国。
そのため土壌が悪く(というか元々は土がない)、野菜や果物が育ちにくい環境です。

最近では台湾などの支援によって、肥料を作ったり、土を改良したりして、ファームで野菜を作ろうという風潮がありますが、
基本的には私達がイメージするような野菜はほとんどない食生活です。(アメリカとかオーストラリアなどから輸入された野菜はスーパーに高値で売ってるけど)

そんな環境の中でも、育つ野菜や果物があります。
パパイヤ、メー(ブレッドフルーツ)、ニー(白いココナッツ)、ユー(茶色のココナッツ)、そしてピナーナ(バナナ)!
これらが育つのは一体どんな仕組みなんだろう・・・。今度調べてみよう。

私の住む村ではこれらの野菜や果物がたくさん生っていて、タウンにあるローカルフードマーケットに出荷しています。
しかし、私の村には売っているお店はなく、(ほとんどの住人がそれらの木々を所有しているためだと思われる)
私は、その木のオーナーさん達がご厚意で分けてくれるのをいつももらっています。

いつも「イカナーウィアピナーナ(バナナが買いたいよ)」と言うのですが、売ってはくれず、分けてくれます。
今日も学校で同僚の先生がお家に生っているピナーナをひとつくれたので、同じようなセリフを言ったところ、お前の家にはピナーナツリーがないのか!と言って、先程玄関をどんどん叩き、大量のピナーナを届けてくれました。

f0299739_17195466.jpg


プランティピナーナ(バナナがたくさん)

こないだから、お隣のフィリピン人のおじさん(高校の農業の先生)にキュウリをもらったり、
大家さんにトイレを直してもらったり、
こんなに大量のバナナをもらったり、

take, take and take.

赤子のように、何かをしてもらってばっかりの毎日。
たまにお返しに日本食を作っていますが、それだけじゃなくて、ちゃんと活動で返していけるようにゆっくりがんばろうと思います。

おじちゃんにもらったキュウリ!この国で家庭菜園なんてすごい!
f0299739_17483999.jpg

by cpts-romi | 2014-01-14 20:53 | たべもの
←menuへ