Merry Christmas and Happy New Year!

学校がお休みになってからというもの、
クリスマスまでは村のマーシャル人たちと、
それ以降はダウンタウンで日本人や外国人たちと、
こちらの通常よりは忙しなくも、日本に比べるととっても穏やかな年末ライフを過ごしていました。

・クリスマスまで
国民の大半がキリスト教徒であるマーシャルでは、クリスマスは教会で盛大に祝われます。
クリスマスの1か月程前から25日の本番まで、ジャプタというビートダンスを夜な夜な練習して、クリスマスの日に教会でお披露目。各地域や各教会ごとにたくさんのグループがあって、それでプログラムが組まれています。

教会でのビートダンス
f0299739_20162418.jpg

f0299739_20203025.jpg


わたしのご近所のグループさんも毎晩遅くまで爆音で練習。
あまりに愉快そうなので、練習風景を覗くべく座って見てたら、いつの間にかわたしともう1人近所に住んでる隊員もビートに参加することになっていました。
他のグループもマーシャル人ばかりなので、わたしたちは浮きまくり。だった気がする。

音源はキーボードに元々入ってるリズムとかメロディとかを組み合わせてる感じ、たぶん。使う音源もグループによって違います。

教会でビートを踊った後は、飴玉やお菓子を観客に投げながらの退場になるのですが、
我がグループは端くれの村から参加していたので、ライムやパパイヤなどの特産のフルーツをばんばん投げていました。

振り返ると、このビートの一件では、マーシャルの文化をずっしりと体感することになりました。

まずは、マーシャル時間。
普段の練習も、7時からの予定が大体は9時。「マッタンジリック(もうすぐ)!」と言いながら、全然始まらない。
本番なんて、朝6時集合だと言われて、「え・・・」と思いながら6時半に行くと、(少し遅れていくスキルは習得)犬しかおらず囲まれて吼えられる始末。
その後も、「9時」「10時」「もうわからない、マッタンジリック!」となって、結局昼2時過ぎくらいになりました。

なんであんな早朝を指定したんだろう。待ってる人はずーっと待ってるし。
時間の感覚、というか、時間をもったいないと感じる感覚がないのだろうなと感じました。

つぎは、マガエ(食事)の文化。
こっちの人は何でも「マガエ(食え)!マガエ!」。
ビートの練習中も、すぐ休んで何かを食べる。夜中でも食べる。子どもも食べる。
しかもスナックとかの軽食じゃなくて、白飯にツナ缶やチャチミ(刺身)などのおかずといった、普通のご飯。もしくはサッポロイチバンのラーメン(こっちではイチバンラーミンと呼ばれています)。

そんなに激しく動くわけでもないダンスで、「イゴレ~(腹減った~)」と言いながらそんなに食べてたら、そりゃ太るし、糖尿病になるわ。
でも、誰でもかまわずマガエを振舞い合う様子は、今の日本ではあまり見かけることのできない、あたたかいものだなと感じながら、わたしも出された白飯をばくばく食べていたのでありました。

わたしの住んでいる村は、日頃はとても静かで穏やかな場所ですが、
さすがにクリスマスはお祭りのようで、いろんなところでパーティが開かれていました。

わたしの周りはほとんどマーシャル人。
彼らと過ごすクリスマスは、たくさん疑問が湧いたり、戸惑ったりしたけれど、
撮った写真を眺めていると、1年の中でいちばん笑顔の溢れる素敵な時期なのだなと実感しました。

f0299739_20454638.jpg

f0299739_635437.jpg

f0299739_6401960.jpg

f0299739_6294160.jpg


長くなったので、クリスマス以降の休暇については書き改めまーす!
by cpts-romi | 2013-12-31 09:52 | 暮らし
←menuへ